JUGEMテーマ:教育

 

※死亡者数のグラフを間違って描いてしまっていました。描き直しました。過去のグラフも直しました。(4/5 14:00)

※2点追記しました。1つ目は4/5の感染者数のデータを入れ忘れていたことへの補足。2つ目は「このグラフをもとに未来予測をする」というものです。(4/5 14:00)

 

先日,「新型コロナウイルス 東京都と愛知県の感染者数グラフ(2/18〜3/29)を描いてみた。」を描きました。

この記事はタイトル通り,新型コロナウイルス 東京都と愛知県の感染者数グラフ(2/18〜3/29)を描いたものです。

 

特に対数グラフを描くと,東京都の増加率の角度が,3/22ごろから急角度になった(=増加率が高くなった)ことが見えてきます。

次のグラフです。

 

※対数グラフについては,前回も紹介しましたが以下の記事が「対数グラフ入門」としてわかりやすいと思います。

http://graph.moo.jp/book.html#p02 サンプルページ(第6章 変化をみるグラフ…対数グラフ))
http://graph.moo.jp/essay.html#up201170514_b 「対数グラフを描いてみよう!」

 

3/30以後は,実際に〈東京都における1日の感染者数〉が100人を超える日が出てきました。そのため「ああ,本当に東京都の感染者の増加率が増しているんだなあ」と思いました。

積み上げグラフで描くと以下のグラフのようになります。

 

 

当初用意していた左軸をゆうゆう超えるほど増えています。

 

ただ,このような増加を見るには,(前回の記事にも書いた通り)片対数グラフの方が見易いです。

 

そこで,前回の片対数グラフの角度をそのまま伸ばしてみました。以下のようになります。

実際には,このグラフ予測通りになったのでしょうか。

3/30〜4/5のグラフを描く前に予想してみてください。

 

○予想○

東京都の新型コロナウイルスの3/30〜4/5の感染者数は,3/23〜3/29と同じ増加率で増えていったと思いますか。

 

ア.3/23〜3/29と同じ増加率で増えていっただろう。

イ.3/23〜3/29とよりも高い増加率で増えていっただろう。

ウ.3/23〜3/29と低い増加率で増えていっただろう。

 

 

次のグラフをご覧ください。

 

描いてみると,3/23〜3/29よりも,3/30〜4/5の方が少しだけゆるやかな角度になっている(=増加率が低くなっている)のです。

 

私はグラフを描きながらちょっと驚いてしまいました。
これだけ毎日たくさんの感染者が報告されているのを聞いていたので,私は「増加率は同じか,むしろ高くなっただろう」と予想していたのです。

 

とはいえ,3月の前半に比べると,角度は急角度のまま(=増加率が高いまま)なので,安心できるわけではありません。(おそらく4/10前後には感染者数は2000人を超えるでしょう)

 

ただ,積み上げグラフで見るだけだと「どんどんと増えている」という印象だけでしたが,片対数グラフで増加率を描いてみたことで,「わずかではあるが,ゆるやかな角度になっている(=感染者数の増加がわずかに抑えられている)」ということに,少しだけ明るい未来を予想できるような気がしたのです。

 

 

※追記1
最初3/30〜4/4までのグラフを描いて「増加率がゆるやかなった」と思ったのですが,4/5を入れるのを忘れてしまっていました。

そして,4/5を入れてみると再び急勾配(=増加率が高くなりそう)にも見えます。

ただ,4/5が特異な日であることも考えられるので,希望的観測も含め「3/30〜4/4までのグラフの角度」を残しておくことにしました。

※私のグラフミスでした。4/5の増加率も変わりませんでした。(グラフを修正しました。2020/4/8 2:00)

 

ところで,死亡者数の増加率はどうでしょうか。


○予想○

東京都の新型コロナウイルスの3/30〜4/5の死亡者数は,3/23〜3/29と同じ増加率で増えていったと思いますか。

 

ア.3/23〜3/29と同じ増加率で増えていっただろう。

イ.3/23〜3/29とよりも高い増加率で増えていっただろう。

ウ.3/23〜3/29と低い増加率で増えていっただろう。

 

 

次のグラフをご覧ください。

 

東京都の死亡者数は,3/23〜3/29よりも,3/30〜4/5の方が少し急角度になっている(=増加率が高くなっている)のです。

この期間に院内感染が発見され一度に死亡者数が増えたことにもよるかもしれません。しかし,もしかしたらこのまま高い増加率で維持する可能性もあります。
 

 

※追記2

○未来を予想するグラフ

この後について,片対数グラフを伸ばしていくと未来予測ができそうです。

そのため,「3/22〜3/29の増加率を続けた場合」と「3/30〜4/4の増加率を続けた場合」をそれぞれ伸ばしてみました。

次のグラフです。

おそらく,4/10前後には感染者数は2000人近くになるでしょう。また,死亡者数も100人を超えるかもしれません。

この角度がゆるやかになるといいのですが……。

 

ただその一方,「大きな数にただ驚く」というのではなく,「数よりも増加率に目をつけたほうが良い」「たとえ増えていても,増加率自体がゆるやかになっていることもある」ということが,社会を見ていく上で大事なことではないかと思います。

 

(追記2ここまで)

 

※ ※ ※

 

感染者数も死亡者数にしても,依然として油断できない状態だと思います。

しかし,何もしないままでは「未来の見方がわからない」となって不安になっていくという状態でしたが,片対数グラフを描いてみることで,「未来の予測をしつつ見守る」ことができそうな気がしてきました。

 

 

また少しずつ描いていこうと思います。

Comment