JUGEMテーマ:教育

 

昨日,新型コロナウイルス感染症の東京都のグラフを描きました。

http://blog.graph.moo.jp/?day=20200406

 

しかしこれは,東京都のみのグラフです。

描き終えた後,東京都の感染者数だけなく,以前描いていた愛知県と北海道のグラフの続きを描いてみたくなりました。


過去のグラフはこちら

○2020/3/30
新型コロナウイルス 東京都と愛知県の感染者数グラフ(2/18〜3/29)を描いてみた。
http://blog.graph.moo.jp/?day=20200330

○2020/3/31
続・新型コロナウイルスのグラフを描いてみた。北海道の感染者数グラフ(2/18〜3/29)
http://blog.graph.moo.jp/?day=20200331

 

 

そんな中,近日中に政府から「緊急事態宣言」が出されるというニュースが報じられました。

その対象は7都道府県……具体的に言うと,東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県,大阪府,兵庫県,福岡県だそうです。

 

愛知県も北海道も緊急事態宣言の対象ではありませんでした。

愛知県も北海道も,3月中頃にはたくさんの感染者報道があった都道府県です。

その後,増加率はゆるやかになったとはいうものの,「緊急事態宣言の範囲に入らないのはなぜ?」と思い,よりグラフを描いてみたくなりました。

 

まずは,基準として〈東京都の感染者数の片対数グラフ〉ご覧ください。

 

※片対数グラフは増加率が見えるグラフです。

※対数グラフについては,前回も紹介しましたが以下の記事が「対数グラフ入門」としてわかりやすいと思います。

http://graph.moo.jp/book.html#p02 サンプルページ(第6章 変化をみるグラフ…対数グラフ))
http://graph.moo.jp/essay.html#up201170514_b 「対数グラフを描いてみよう!」

 

3月後半になって角度が急になっています(=増加率が増えています)。

増加率が変わってすぐ,東京において「週末の自粛要請」(3/25)がだされたということも見えてきます。

 

※前回までは,死亡者数のグラフも同時に表していましたが,今回は省略しました。

 

 

○予想○

ここに北海道や愛知県のグラフを重ね合わせて見ると,どのような角度になっていると思いますか。
 

北海道や愛知県の3月後半のグラフは……

ア.東京都のグラフに比べて角度がゆるやかになっているだろう。(増加率は低くなっているだろう)

イ.東京都のグラフとあまり変わらないだろう。(東京都の増加率とかわらないだろう)

ウ.その他(北海道と愛知でそれぞれ違うなど)

 

 

次のグラフは,東京都のグラフに北海道と愛知県のグラフを重ねたものです。

 

 

どうでしょうか。

東京都の角度に比べてずいぶんゆるやかに思えます。

 

「緊急事態宣言の対象から外れたのも,このような状況をみてのことなのだろうなあ」と思いました。

 

 

 

それでは逆に,緊急事態宣言の対象となっている都道府県はどんなグラフだと思いますか。

今回は大阪府と福岡県を描いてみました。

 

 

○予想○

東京都のグラフに,大阪府と福岡県のグラフを重ね合わせて見るどのような角度になっていると思いますか。

 

大阪府や福岡県の3月後半のグラフは……

 

ア.東京都のグラフとあまり変わらないだろう。(東京都の増加率とかわらないだろう)

イ.東京都のグラフに比べて角度はゆるやかだろう。(増加率は低いだろう)

ウ.東京都のグラフに比べて角度は急激だろう。(増加率は高いだろう)

エ.その他(大阪府や福岡県でそれぞれ違うなど)

 

 

次のグラフは,東京都のグラフに大阪府と福岡県のグラフを重ねたものです。

 

 

どうでしょうか。

私は「4/1以降の大阪府と福岡県の増加率は,東京都と瓜二つだ」と思って驚きました。

 

特に福岡県は,3月23日ごろまでは感染者数は一桁で,増加率もほとんど見えないようなグラフでした。

しかし,24日以後,急激に増えています。

感染者の総数は,東京都や大阪府に比べて少ないのですが,増加率は同じくらいです。

 

「緊急事態宣言の対象は,このような状況を見て判断されたのだなあ」と思いました。

 

 

 

しかし,こんなことを書きながら少し気になることがありました。

それは「10万人あたりの感染者数は,福井県が多い」というニュースです。

 

「人口10万人あたりの感染者 最多は福井県 新型コロナ」(NHK WEB 2020年4月6日 17時19分)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200406/k10012370651000.html

 

 

それでは,福井県のグラフを描くとどんなグラフになると思いますか。

 

○予想○

福井県の3月後半のグラフは……

 

ア.東京都のグラフとあまり変わらないだろう。(東京都の増加率とかわらないだろう)

イ.東京都のグラフに比べて角度はゆるやかだろう。(愛知県や北海道のように増加率は低いだろう)

ウ.東京都のグラフに比べて角度は急激だろう。(増加率は高いだろう)

 

 

次のグラフは,東京都,大阪府,福岡県のグラフに福井県のグラフを重ねたものです。

 

 

どうでしょうか。

3/28以降,福井県も同じような増加率で増えています。

 

福井県は,まだ感染者数は100人未満ではあるものの,今回のような伝染病は感染率が高いため,気がつくと一気に感染者が増えている可能性があります。

 

「緊急事態宣言の対象ではない」と言っても,決して油断できない都道府県もあるのです。

 

 

まずは大都市だけに宣言を行うという方針なのかもしれませんが,このグラフを描いてみて「今後緊急事態宣言の対象は増えるかもしれない」ということも考えてしまいました。

 

 

 

最後に,東京都,愛知県,北海道,大阪府,福岡県,福井県のグラフを重ねてみました。

また,4/1〜4/4ごろのグラフをそのまま未来まで伸ばしてみました

それによって「未来予測ができるのではないか」と思ったからです。

 

次のグラフです。

 

 

感染から発症,陽性診断までは1週間〜2週間程度かかってしまうので,緊急事態宣言が出されたとしてもすぐにこのグラフの角度は変わらないでしょう。

 

しかし,2週間後には少しずつでもゆるやかな角度になっていくのではないか……

希望も含め,今私はそんな予想をしています。

 

※ ※ ※

 

私は何かと予想をするのですが,こんな風に予想するのは「予想しなければ,予想外のものは見出せないだろ。それはそのままでは捉え難く,見出し難きものなのだから(古代ギリシア ヘラクレイトスの言葉)」と思うからです。

 

 

もし予想が合っていても外れていても,それで何か勝敗が決まるわけではありませんし,得することもないでしょう。

また,社会のことは複数の要因によって変化していくため,なかなかシャープに実験を見極めることは難しいと思います。

 

 

しかしそれでも,ただなんとなく社会に身を置くよりも,あらかじめ予想をたてていた方が未来を見通せると思うのです。

 

いや,もしかしたら逆に「何も予想しないと,〈自分の予想〉や〈ものの見方〉が,合っていたか間違っていたかもわからない」ということが大きいかもしれません。

 

 

たとえ合っていても間違っていても,今,この時点での「社会の見方考え方」を書き残し,少しずつでも「仮説・実験」をしていきたいと思います。

Comment