JUGEMテーマ:教育

 

昨日,新型コロナウイルス 東京都の新規感染報告者数,7日平均で見てみると(5/1〜6/25) を描きました。

 

その後,増加率が気になったので片対数グラフも描いてみたくなりました。

 

(片対数グラフについてはこの漫画で解説しています)

 

 

以前描いた片対数グラフから東京都だけを抜き出すと,次のようになります。

 

東京都の感染報告者の増加率は,3月後半には「4日前後で2倍」,4月前半には「6日前後で2倍」と高い増加率でした。

その後,増加率は低く(ゆるやかに)なりました。4月半ばには「13日前後で2倍」の増加率となりました。

 

 

さて,現在の東京都の増加率を知るには,どのようなグラフにすればよいでしょうか。

このまま東京都のグラフを続けて描くこともできますが,昨日のブログにも書いた通り,

5月後半に一旦新規感染報告者数は少なくなりました。そしてその後,6月半ばから少し増加傾向にあります。

 

 

上のグラフは2020年1月からの累積グラフなので,このまま描き足しても微々たる変化しかわかりません。

 

 

そのため,このような方法が良いかはわかりませんが,

緊急事態宣言が解除された5月25日を基点として,改めて東京都の感染報告者の累積の片対数グラフを描いてみることにしました。

 

 

グラフを見る前に少し予想をしてみてください。

 

6月25日頃の東京都の「新型コロナウイルス感染症の累積感染者数」の増加率はどれくらいだと思いますか。

 

 

ア.とても高い。3月後半のように「4日前後で2倍」くらいだろう。

イ.やや高い。4月前半のように「6日前後で2倍」くらいだろう。

ウ.増加はしているが,増加率が際立って高いわけではない。4月後半のように「13日前後で2倍」くらいだろう。

エ.そのほか。

 

 

 

次のグラフをご覧ください。

※これは5月25日を基点として,改めて東京都の感染報告者の累積の片対数グラフです。上のグラフの累積とは異なります。

 

 

(5月25日付近はあまりにも数が少ないので,あえて線は引きませんでした)

 

最近の増加率はどうでしょうか。

片対数グラフを描いてみると,最近の東京都は「10日前後で2倍」という増加をしています。

 

先ほどの選択肢に当てはまるものがなくて恐縮です。

このグラフだけをみると,「増加率は高く,気をつけなければならない。ただ3月後半〜4月前半までの急激な増加率ではない」と言えるのではないでしょうか。

 

 

ただ,実は私はこのグラフを描いてとても驚いてしまいました。

新規感染者数だけを見ていると,「指数関数的に新規感染者が増えているわけではない」と見えるため,「増加率もそこまで高くはないだろう」と思っていたのです。

しかしグラフで描いてみるとそうではありませんでした。

「3月後半〜4月前半の急激な増加率ではないというものの,感染拡大が終わったわけではない」と改めて思ったのです。

 

 

このグラフを未来まで伸ばしてみると次のグラフとなります。

 

 

このまま1週間後も同じように増えていった場合,上のグラフのようになります。

 

1週間後はどうなっているのでしょうか。

また,グラフを描いていこうかと思います。

Comment